Monthly Archives: 4月 2016

関西電力 [喜撰山発電所]を視察!

揚水式水力発電(昭和45年運用開始)

川からポンプで水を吸上げ、ダム式で落差(約220メートル)を得、水力で発電。

出力は466000kW、京都市の約半分の世帯をカバーできるとのこと。

水力発電は、放流後ただちに発電できるため、夏場に電力がひっ迫するような場合にも即応出来、

年間を通じて安定供給を実現しています。

モーターをはじめ施設の多くは、日本の最高峰の技術力を持って生み出されたとのこと、

改めてものづくり日本が日常の暮らしを支えていると実感しました。