現代アートの可能性

ミハイロフ アンドレイ さんの現代美術の画廊を訪ねました。今年3月に私が京都市長に対して行った現代アートに関する提言の記事を見られた方から、中京区でギャラリーをなさっているロシアの方を紹介いただき、本日初めて伺いました。アートバーゼルにも出展されるなど世界を舞台に活躍されています。

私は経済活性のために大きな影響をもたらす現代アートに着目、2017年11月議会本会議でも「京都には現代アートの発信拠点となる得る条件がそろっている。現代アートを伝統産業や先端産業と連動させ、京都の新たな魅力創出に取り組むべき」旨の提言もしたところです。

今後も文化首都京都を目指し、取り組んでまいります。